Blacksmith er 鍛冶屋のつぶやき

ロートアイアンの製作にまつわるお話を拘りを想いを皆さまに

ロートアイアン階段手すり火造りの質感を伝えたくて

f:id:eiji-bsmith:20190308130900j:plain
ロートアイアン階段手すり
先日、完了検査の時に写真撮影を行った。
製作したものを自分で撮影する事は稀であるがここを見て欲しいと思う場所をコダワリの部分を的確に切り取れる。全体の画像というのはメーカー様、施主様から画像をいただく事もあるが細部の画像は珍しく火造りの質感を中々伝える事が出来ないがこちらの画像だったらどうだろうか?火造りの質感わかるかな、材料を炉に焼べ赤らめてハンマーで叩く。無数の槌目と火肌の雰囲気
伝わるかな
拘りのロートアイアン階段手すり
皆様如何でしょうか。

久しぶりの案件ロートアイアンパーテーションの製作

f:id:eiji-bsmith:20161019155702j:plain
ロートアイアン猫とステンドガラスのパーテーション
以前製作させていただいたロートアイアンのパーテーション。
ロートアイアンらしい唐草のエレメントと鉄板から切り出した猫を火造りにより槌目のテクスチャーを加え
アクセントとしてステンドガラスを配置
使用するガラスも何度も相談して決めた思い出のアイアンパーテーションとても懐かしく思う今日この頃。
現在打ち合わせ中の案件
久しぶりのアイアンパーテーションそれでふとこれを思いだした
今回提案させて頂いているものはシンプルモダンが基本コンセプト
シンプルだけど細部に拘った火造りらしさを主張したデザインを数パターン考えてみた
明日の打ち合わせ
さてどうなる
久しぶりのアイアン手すり以外の案件に胸高まる
楽しみだ

アイアン手摺現場取り付けについての備忘録

f:id:eiji-bsmith:20170214182825j:plain
ロートアイアン手すりの製作風景
工場でアイアン手すりを製作を行い
現場に取り付け作業
ご要望が有れば全国何処へでも
実測を行い加工図を製作し加工後、現場にインストール
近場なら何かあっても対応が可能であるが
千数百キロ離れているとそうも簡単にはいかないわけで
ハイプレッシャーの中に身を置く
ピタっとあうのかどうなのかと
現場に納めるまでは
心が休まる事などない
誰も俺の代わりはいない
責任は全て自分自身
ハートはバクバク
アドレナリンは出まくる
身を削る
でもな
やりきった時の達成感
わからないだろうな
ピタっと納まった時の喜び
わからないだろうな
お客様から頂く喜びの言葉
わからないだろうな
大切な人からの労いの言葉
わからないだろうな
その為に
俺は造り続ける
後戻りはしない
只々
俺は造り続けるだけ

f:id:eiji-bsmith:20190212190431p:plain
ロートアイアン手すりの製作風景
弊社は火造りで製作をしております。
とご説明を致しましてもお客様には中々伝わらない
うん
そうだな
そうそう
鉄はとても硬い物、だから人の手で加工するのには限界がある訳で
火にくべる事によって柔らかくなる
そう、つまり
加工しやすくする為に焼いて加工する
それが鍛造という方法である
焼いてハンマーで叩いて
色々な道具を用いて成形をおこなう
もちろん道具も全て自分で製作する
物凄く手間がかかるわけさ
この時期は作業性は良いが夏は地獄だ
それでも
俺は作り続ける
好きだからさ
ロートアイアン専門店として
アイアン手すりを作り続ける

エレガントなロートアイアンロートアイアン手すりの笠木について

f:id:eiji-bsmith:20190204085712j:plain
ロートアイアン手摺の笠木
オリジナルロートアイアン手摺の笠木端部
エレガントだけど火造りの質感が重厚感を醸し出している
それは決して重々しくなく上品に
こだわりの造り
満足がいくまで幾度も炉にくべ
槌をふるう
鍛冶屋として
僕は生きる
これからも作り続ける
ロートアイアン手すりを
メーカーとして
専門店として
火造りに拘って


現在製作予定の階段アイアン手すりの端部について考えている
シンプルな手すりに何がピタッとはまるのかと
シンプルなだけに頭を悩ます事も
難しいんだよな
やりすぎず
鍛造らしく
テクスチャーをどの様に与えるのか
素材の持つ雰囲気をどう表現するのかと
考える
ちゃんと伝わるかな
俺のスタイル
始めないとな
さぁ
コークスをくべよ
炉に火を入れ
赤らめて鋼材を金槌で叩き出せ
とんてんかん
とんてんかん
槌を振るう
僕が僕であるために
ロートアイアン専門店として
今日もつくる
階段手すりを


サーキュラーアイアン階段手摺について暫く書いてきた訳だが納まりはこのような感じに収まった。
手摺笠木部分は今回のものは木製を使用するという事でステイまでの製作となった。
笠木は木製と金属を使い分ける。
シャープで重厚感を持たせるのであればアイアンを使用する場合が多い。
鉄の笠木だと冬場は触った感じが冷たく苦手とおっしゃられるお客様には木製を提案させていただく。
お客様に喜んでいただく為に僕はいつも考える
このサーキュラー階段のロートアイアン手すり本当にやりきった
眠れぬ夜を.....
でも
やりきった
だから、今の僕がここにある
ありがとう
ロートアイアン手すり、門扉の専門店として
今日も造る